TAKUMI

ブログ

TAKUMI

ドア1つにも、こんなにこだわるんです!! ~リノベーションのうらがわ話 (1)~

2018.04.19

こんにちは、リノベーション工事の株式会社
TAKUMIです。

「リノベーションって何をするの?」
リノベーションリフォームって何が違うの?」
と、
お客様からよく質問を頂きます。

「リフォームは修繕」「リノベーションは
ほぼ0からの作り直し」と
違いを説明するのですが、

実際の現場を写真でお見せした方が
わかりやすい!! という事で、

 

新企画
リノベーションのうらがわ話」を
始めることにしました。
(舞台裏を公開します)

リノベーションって、ここまで
やっちゃうんです!!
という現場公開・第一弾は
「玄関」(玄関扉) です。

 

多摩地区の住宅リノベーションを対象に、丁寧な工事を行っています。
(写真はリノベーション前)

 

ドア1枚にまつわるドラマ

え…。玄関の改装って…?
(たかが玄関でしょ)
と思わないでくださいね。

今回の玄関のテーマは
気に入ったマンションの
扉を、リノベーション物件 (戸建て)
にどうしても移設したい!!」
なんです。

そんな「ご指名ドア」はこちら。

 

八王子市にあるリノベーション・リフォーム工事会社、TAKUMIの建物再生施工例
(施工後の写真)

 

たかがドア、されどドア。
「これが良い。これでなければ嫌だ」
というくらい、
気に入ったドアをマンションから
一戸建てに移設したいというお客様の
ご要望でしたが…

困った点が一つ

ドアの蝶番 (ヒンジなど) の型番が
まったくわからなかったんです。

 

ドアを移設」といっても、
扉1枚だけ移動するわけにはいかず
● 扉の周りの枠組み
● 扉と枠を繋ぐヒンジ・蝶番 も
セットで揃って初めて
「ドアを取り付けられた」と言えますが

ドア周りの金具の型番がわからない事には
材料を調達する事ができず、
全体の中ではそれほど大きくない部品なのに
これが無いばかりに移設は不可能か…?
と、
諦めかけた時期もありました。

(ヒンジ一つにしても、扉にぴったりの
部品を型番がわからずに見つけるのは
かなり難しいんです…)

 

そうは言っても
「どうしてもこのドアにしたい!」という
お客様の夢を叶えるのが仕事ですし、
私達の喜びです。

取り付け部の寸法をヒントに探し出し、
無事に取り付けることができました。

 

ドアが移設されるまで、写真3枚

今回は「ドア交換」ではなく、
丸ごと生まれ変わるリノベーション」
のため、
ドア周りを含めて元々の構造を全て
取り払い、再び玄関を作りました。

 

下の写真3枚を見ると、
リノベーションは作り直し」という事が
伝わるのではないかと思います。

多摩地区の住宅リノベーションを対象に、丁寧な工事を行っています。
デザイン性が高く、お洒落な建物に生まれ変わらせます
八王子市にあるリノベーション・リフォーム工事会社、TAKUMIの建物再生施工例

 

今回は
ドア1枚にもドラマあり」というテーマで
リノベーションの一場面をお伝えしました。

元の建物を丸ごと生まれ変わらせる
リノベーションに関して、
お問い合わせ

● このページの一番下にある電話番号
● お問い合わせフォーム
などから
お気軽にご連絡くださいね。

 

次の記事もお楽しみに!!

お問い合わせ