TAKUMI

ブログ

リノベーション

リノベーション成功のポイントは「○○力」だった!!

2019.07.12

こんにちは、リノベーション工事の株式会社
TAKUMIです。

リノベーションって何をするの?
「リノベーションとリフォームって何が違うの?
と、
お客様からよく質問を頂きます。

 

「リフォームは修繕」「リノベーションは
ほぼ0からの作り直し」と
違いを説明するのですが、

実際の現場を写真でお見せした方が
わかりやすい!! という事で、

リノベーションのうらがわ話」を
始めることにしました。
(舞台裏を公開します)

 

 

今回は
「リノベーション成功のカギ」
です。

 


 

リノベーションで差が出るのは「設計力」

素敵な家に住みたい!
憧れの暮らしをしたい! と思って
リノベーションを選択した場合、

成功・失敗を握るポイント
どこでしょうか?

 

それは…
設計力」だと思います。

 


 

設計力とは(1) 聞き出す力

美容室・床屋さんに行く時、
「どんな風に切りますか?」と
聞かれますよね。

 

ちょっと短めに…」
「前髪はあまり切らず、後ろは短め
して欲しい」
など
なんとなく大まかなイメージ
お願いをする方が多いと思いますが

「ちょっと短めに…」
という大まかな注文を基に
カッコ良い髪型・美しい髪型に仕上げる
美容師さん・床屋さんはすごいと思います。

 

 

建物の設計も似たところがあり、
「温かみがある雰囲気が好き」
「コンクリート打ちっ放しにしたい」
「アンティークな家具が好き」
など

何となくのイメージを
どれくらい形にできるか

設計力の違いになると思います。

 

 

設計力には2つの種類があり、
「こんな感じに…」などの
大まかな要望を深堀して

こんな感じって、どんな感じ?
と、より具体的に探っていく
聞き出す力がまず大切だと思います。

 


 

設計力とは(2) アイデア・発想

設計力のもう一つの側面は
発想力 (アイデア)」です。

 

リノベーション住宅の雑誌での
施工例を見ていると
こんなやり方があるのか!!
ここまでやるのか!
と驚く例があります。

 

(雑誌を見ている側が驚くので
工事を依頼したお客様は
提案時にもっと驚いたと思います)

 

 

聞き出す力」x「発想力」の
2つの掛け算で設計力は決まります。

 

 

(なお、工務店・工事業者に
関してですが

工務店の役割は
「設計図通りに工事をする」のが
役割なので、
真面目に取り組んでいる会社であれば
どこが担当しても差はありません。

リノベーションが成功するかは
計画・設計段階が最も大切です)

 


 

良い設計事務所の探し方

理想のリノベーション住宅を
実現するには

腕の良い設計事務所に依頼する
のが一番とここまで書きました。

 

では、
どうしたら良い設計事務所を
見つけられるか
ですが…
3つ方法があります。

 

(1) リノベーション住宅の
雑誌に載っている施工例には
設計事務所名や連絡先が載っています。

それを頼りに連絡する方法が1つ。

 

(2) SNSやブログ
「リノベーション」を謳う
工務店の投稿を見て、
そこから申し込む方法。

 

(3) せっかく私達のホームページ
を訪れてブログを読んで下さり
施工例も見て下さったので
私達のホームページから申し込むのが
3つ目。

 

 

どの方法でも「ハズレ」は
無いと思いますが、
「良いな!!」と思った施工例を
見つけたら

担当した工務店 または 設計事務所
に連絡するのが良いと思います。

 


 

元の建物を丸ごと生まれ変わらせる
リノベーションに関して、
お問い合わせは

このページの一番下にある電話番号
お問い合わせフォーム
などから
お気軽にご連絡くださいね。

次の記事でお会いしましょう!!

お問い合わせ